小野薬品工業の山口県への進出が決まり、起工式が開かれました。
地震等の災害が少ないことや産業インフラが整っているなど、山口県の立地優位性を訴え、企業誘致には特に力を入れています。
私自身、小野薬品の相良社長には強く誘致を働きかけてきましたし、県として粘り強くアプローチしてきた末に誘致が実現し、いよいよ工事も始まりました。感無量です😄
相良社長もご挨拶の中で「立地場所は様々考えたが、知事と市長から熱烈なお誘いを受け、山口テクノパークに決めた」と話されました。
先に誘致をしたテルモに続き、医療・医薬関係の誘致が相次いで実現しています。来年には、山口東京理科大学に山口県初の薬学部が設立され、その準備も順調に進んでいます。
もともと山口県には医療・医薬関係企業が多く立地していますが、人材の育成・確保も含め、さらに集積を進めたいと思います。